不動産担保ローンを利用して金利が低い状態で融資してもらっています

不動産担保ローンは借入限度額が高額に設定できる

ある程度まとまった金額が必要になったのでカードローンでお金を調達しようと思ったのですが、一般的な消費者金融が提供するカードローンの最大借入限度額では足りず、銀行口座を持っている銀行に相談してみたところ提案されたのが所有している不動産物件を担保にしてお金を借り入れるという方法でした。
この融資方法のことを不動産担保ローンと呼んでいて一般的な担保を必要としないカードローンと比較すると、不動産物件を担保にすることが可能なので、金利を低く抑えることが可能です。
どうして金利が低く出来るのかというと返済が途中で滞ってしまった場合に担保がなければ、そのまま貸し倒れによる負債を金融機関が抱えることになってしまいますが、担保があれば、それを売却して返済に充当することが出来るので、貸し倒れのリスクに高い金利で備える必要がないからというのが理由になります。
私はたまたま親から譲り受けた自宅があったので、それを担保の抵当権に設定してお金を借り入れることが出来ました。
金利もカードローンよりかなり低かったので、あの時無理をしてカードローンを利用しなくて良かったと感じています。
担保の抵当権に設定する不動産物件の資産価値によっては、借入限度額が非常に高額になるというのも、不動産担保ローンが持つ大きなメリットですが、私が所有している自宅も建物は古いものの良い立地にあるため借り入れたい資金の金額よりも多い金額の借入限度額を設定してもらうことが出来ました。

不動産担保ローンは借入限度額が高額に設定できる / 不動産担保ローンは資金の用途が自由 / ローンを一括返済する場合は要注意

不動産担保ローン不動産担保ローン | 即日審査